人生100年時代・・・ライフデザイン・アドバイザー マサキの行き方

ライフ・デザイン・アドバイザー 正木宣が人生100年時代といわれる中で考えること、動くこと、その記録

ますます深刻な事態が進んでいる

すでに内定率が80%を超えている?

 

 

 今NHKのニュースを見ていて愕然としてしまった。

 それが内定率が80%を超えているということ。さらに、その内訳ではないが、内定の企業数が2.0を上回っていること。

 これは以前も述べたかもしれないが、あくまでも情報源が明確でなく、しかもその平均値のはずなので、実態を表しているとは、経験上思わないが、それでも異常な数字であると考えた。

 むしろ企業よ、何してるんだ!! とも。

 多分、これは、普通である私が支援している学校の実数値とは異なるし、実態数値を言えばこの何掛けかの数値かとは思うのだが、結局は、ますます二極分化が進んでいるという証左ではないかと考えている。

 つまり、俗にいう「意識高い系」の数値であって、またはそれなりのブランド大学を主とする数値ということではないかということ。

 そして、中小企業や無名企業にとっては、確かに早く囲い込みたいという「焦り」というか考えもわからないではないが、あまりにも安直ではないか、ということ。



某大学では上級生が新入生にこの大学に入ったことで就職は安泰です、と言った

 

 

 

 これは何かのネットニュースかで見たのだが、確かに日本有数の某W大学で、入学式で上級生が新入生に語ったらしい。

 結局はいまだに採用がなんやかや言え、学校名などの要素で決まられていること。本当に「人」で見ているのか疑問ということ、だと思う。

 また、同じニュースで、ある企業が「内定辞退キット」なるものを販売し、それにはなぞって書けばいいだけの「文章テンプレート」が添えられ、その上で、解説動画がついて、こうすればいいと教えてくれるということ。

 これっておかしくない?!

 と言っても、実はボク 自身も内定辞退の相談があった際には、同じような手助けはしているが、それでも文章は自分で考えさすし、電話も、実際には今の学生が電話することに慣れていないことは事実なので、ある程度のことは教えつつ、でも自分で電話させる。しかも、しておいでといい、またはその場でさせて、結果を確認している。

 ただ、テンプレートや解説動画まで行くのはどうだろう。それを出す企業はまあビジネスだからそれもありと思うが、それに頼る学生って、採用してどうなの?と考えるのだ。

 今はどの企業も「協調性」は重視するが、一様にいうのが「自分で考え行動する学生」ではないのか、ということ。

 何か企業が焦るあまり、おかしい状況が起こっているなということ。
だから日本がビジネスで沈んで当たり前かな、という感想となる。

 

(これはまだ語り足りないので、継続して考察します)